ソーシャルネットワーク
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
2014-09-16(Tue)

XTZ125 OKO PE28 セッティングメモ(最終版)

OKOφ28 (PE28タイプ)の
セカンダリスローポート閉塞仕様でのセッティングは

SJ55 AS2+1/8 JN3/5 MJ112、エアクリ追加ダクトφ10mm*6か所 
で満足の行く結果に。

でも正直なところ、セカンダリスローポートを塞がずにSJ38でもよかったかも。
2st用に開発されたPEやPWKを4stに使う時にやる穴埋めが
いつも有効とは限らん。
ウチのXTZではSJのサイズが大きくなるだけで大差なかったし
セカンダリスローポートが、全開域で悪さするのでセッティングが出ない
て程でも無かったように思う。

むしろアイドリング安定なんか考えるとセカンダリスローポートは
塞がない方がよかったかもしれない。
900RPMでも安定してたからね。





画像 416

吸気音が大きくなるのは嫌なので(長距離走るとうるさいバイクは疲れるから)
ブタ鼻撤去はせずそのまま。

エアクリーナーBOXの蓋側にφ12mm穴あけて
内径φ10、外径φ12のシリコンチューブを5cmに切って
突っ込むと、静かなまま空気流入量を増やせる。

エキパイの5cmも離れてない場所に吸気穴開けたせいか
全開走行後、信号で止まり、再発進するときに
普通に発進するとエンスト率高い。

もっともそれが原因ではなくて
油面が低いか、フューエルホースが細いのかもわからない。

全開後停車の再発進では、いつもより少し回転数高め、ゆっくり半クラ使うことを留意しておけば
実用上問題ないので、空気穴を別に設けるとかは考えてない。



数kmに及ぶ超長い直線で最高速は実測105km
(純正のメーターは所謂ハッピーメーターなので、校正済の社外メータ)
(周囲の車も速い場所なので、空力的にドラッグがある。追い風参考て感じか)

平地実測90kmまではノーマルキャブよりパワフル。そこから先は大差無し。

とまぁ、こんな感じで。

 
2014-09-08(Mon)

XTZ125 OKO PE28 セッティングメモ(弄り壊し編)

9/6 セカンダリスローポート埋めた。
PEやPWKにはメインジェットのすぐ際にあるスローポート(プライマリスローポート)と別に
インマニ側にもう一個スロー系の穴が開いてる。(セカンダリスローポート)
負圧の低い2stエンジンにはこれが低速域の安定bに寄与するらしいんだけど
4st用だと1/2~全開域でこのセカンダリポートから出るガソリン分、セッティングが難しくなるとか。
試しにエポキシパテで閉塞した。試していうか、元に戻せないから本番なんだけど。
2か所のガソリン出口のうち、一か所が無くなるので、当然スロージェットのサイズは
埋める前より大きくなる。

SJ38 AS全閉 JN3/5 MJ105 チョーク戻すとエンジンとまる。 
SJ40 AS全閉 JN3/5 MJ105 チョーク戻すとエンジンとまる。
SJ45 AS1/4 JN3/5 MJ105 チョーク戻してもエンジンとまらない。けどチョークなくてもエンジンかかる。
SJ50 AS1/2 JN3/5 MJ105 ASの戻し量的にはまだ薄い
手持ちのSJは50番までだったので用品店へ…

SJ52 AS1+0 JN3/5 MJ105 ASの戻し量的にはまだ薄い
SJ55 AS2+1/4 JN3/5 MJ105 ASの戻し量的にはこんなもんか…

暖機が終わってもアイドリングが1600rpm~1300rpmの間で脈動する。
ランダムでなく、ある程度一定の周期で上がり下がり。ハンチング?

ノーマルキャブと同じ感じ。
最初付けた時、900rpmで安定しててこのキャブ凄いと思ったのにな…

走行フィールはアクセル開度1/4まではパワフル、~1/2はスムース、
~3/4ちょっとトルク無いけどスムース、最高速は95kぐらい

1/2~全開はスムースなんだが、ちょっとトルクに欠けるのでMJ濃くしてみる。

9/8 夕
SJ55 AS2+1/4 JN2/5 MJ110 
MJ5番上げた。あんま変わらんかな…悪くはなってない
MJ変えたと思ってるから判る、て感じ。

9/9 朝
SJ55 AS2+1/4 JN3/5 MJ110
JN一段濃くした。
セカンダリ スローポート埋めてから一番良い。

今夕
JN3/5のまま MJ112試してみる。

 
2014-09-07(Sun)

XTZ125 OKO PE28型キャブ その1

ストマジのライト修理に費用を見込んでいたが
自分で修理出来たので予算をXTZ125強化に使う事にした。

OKOと言えばケイヒンのPWK28タイプが人気なんだけど
間違ってケイヒンのPE28のコピー品ポチってしもた。

最初amazonで「OKO φ28」で検索して出てきたキャブが7800円程度で、
楽天で見たら5000円だったので、ポチったんだけど、よく見たら
7800円はPWKタイプで5000円はPEタイプだった

OKO社製レーシングキャブレター28φNO1850

OKO社製レーシングキャブレター28φNO1850
価格:5,000円(税込、送料別)



届いたものを見る限り
多少の砂型の甘さとバリはあるけど
想像よりは悪くない感じ。
  
画像 388画像 391画像 390 

スロットルバルブは綺麗にメッキされていて、スムーズに動くし、良く聞く「変なアタリ」が出来る箇所もない。

とりあえずオーダーミスはあきらめてこのPE28タイプを取り付ける。
これフィッティング出来れば、PWK28もポン付けになるはずなので…



取り付けに関してハードルが4つ
 スロットルの引き量
 ワイヤーの加工、作成
 フィッティング エンジン側
 フィッティング エアクリ側

1.スロットルの引き量
 予算が潤沢にあればYZ用のアクセルホルダーで
 ハイスロ化するのが定番ぽいけど、
 塩ビパイプのジョイントから切り出した部材を
 ノーマルのスロットルのプーリー部に貼り付けるだけで済む。

 適当な径の塩ビパイプを幅7~8mmで輪切りにした後、周長7cmぐらいで切り出す。
 多少の径の違いはコンロで加熱して曲げれるので大丈夫。

 使うのは幅8mmもあればいいので、塩ビ管4m買わないで、
 内径40~55ぐらいのエルボとか、ジョイント適当に見つくろってくる。
 ホムセンで~200円ぐらい。
画像 404
 幅8mmで切り出したら、 プーリーに合せてみて、部材の延長を決め、カット
 この後のコンロで温め工程で縮むので、1~2cm余裕見る事。

 コンロで遠火で温め。火傷注意。
 塩ビが柔かくなるまえにコゲたら炎近すぎ。

 柔らかくなったらノーマルのワイヤープーリーに当てた状態で濡れタオルで冷ます。
 これで部材の加工は終了。
 タイコ側を面取りし、寸法合わせたあと
 難接着材用の接着剤で貼り付ける。  

とりあえずノーマルキャブのままスロットル動かしてみて、
ハイスロ化されている事と、動作に問題ないか確認してみる。

うっひょ、200円でハイスロ化出来たw 接着剤700円したけど。

続く…



 
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

SBF

Author:SBF
ガリてるのに脂肪はあるのでSlimboyFatです。
もちろんFatboySlimファンのビッグビート好きでもあります。

ヴィンディーゼルみたいなカラダになりたいです。
増量前、181cmで90kgならきっとスゲェマッチョになってるはず!
て思ってたんですが、案外細いです…

自身のトレ記録と共に、
トレ歴浅い人向け=過去の自分に向けて
トレ法とか停滞時のりこえた時の事書いたり、
色んな掲示板に自分がカキコした文章を整理して載せたりしてます。

自分と同じぐらいのレベルの人や、自分より上の人に向けても
独り言的にトレに関して感じてる事とか書いてます。

ベンチプレス130kg


ダンベルカール祭り


デッドリフト160kg*4+1reps
SBF ◆kvG4ejFyq2 503 ◆kvG4ejFyq2 olavmania SBF ◆YTabxu/C1w 
ソフトマッチョ ヤセマッチョ 負荷 回数 筋トレ ダイエット ガリからマッチョ デブからマッチョ
[ダンベルカール17.5kg 恥ずかしい程チート]

FC2カウンター
オンラインカウンタ
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ(タブ)
RSSフィード
1proteinやマッスルエリートで champion買うのと遜色ない単価。美味しいし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。